転職お役立ち情報

転職活動から就職への成功法則

By

1.就職・転職活動の流れを把握

一般的な就職・転職活動の流れは次のようになります。
(1) 現状把握と活動計画の設定
(2) 自己評価、市場価値の把握、意識改革による適職選び
(3) 応募書類作成(カバーレター、履歴書、職務経歴書)
(4) 職業紹介会社、求人情報紹介会社への登録
(5) 応募する会社選び
(6) 応募、面接
(7) 退職手続き
(8) 入社手続き
(9) 保険・年金・税金の手続き

2.転職理由を整理する

会社の都合で退職する場合は別として、希望退職をして転職する場合は、まず「転職理由を整理する」ことが重要です。
まず、次のような点を整理してみましょう。
・今の仕事の何が不満か、転職すれば解決するか
・人間関係の不満が理由の場合、転職先で同じ事が起こる可能性はないか
・ただ今の仕事がつまらないからではなく、本当に他にやりたい仕事があるのか
・希望する新しい職種で成果をあげる資質が自分にあるのか
・希望する業界・職種は何か
・自分が希望する条件に優先順位をつける
・家族の同意は得られるか
・転職に必用な資金はあるか

3.現状把握

転職を決意すれば、次に自分の希望する仕事、自分のスキル・資質を冷静に分析し、自分に最適の業界、職種、企業風土などを整理する

4.自己評価

まず、自分に何ができるか、自分は何をやりたいかを整理することから始まります。

(1) 知識の棚卸し

まずやらなければならないのは、自分はどの分野の知識、どの分野の経験をアピールできるかを客観的に評価することです。評価結果を基に次の点を整理します。
・どんな仕事ができるかを知る。
・異業種でも実力を発揮できるポジションを見つける。
・自分の専門分野でも不足している知識分野があれば勉強で補充する。 
求人情報紹介サイトに登録すると、専門の担当者が適職のアドバイスをしてくれます。自分が気付かなかったスキルを教えてくれることもあります。また、公共の就職・転職相談所で相談するのもお勧めです。

(2) 自分のやりたいことを知る

中高年の場合は収入のためだけに仕事を探すという状況は少なくなってきます。収入も必要だが自分のやりたい仕事をしたいという欲求が強くなってきます。そのためには、これから自分は何をしたいのかを整理することが必要です。次のような観点から整理してみましょう。
・自分はどんな価値観で仕事をしてきたか
・自分はどんなことに興味を持っているか
・他人と比較して自分のすぐれた能力はなにか

(3) 家族の意向を確認する

就職・転職をすれば収入や勤務地が変わるのが通常です。それを家族が受け入れてくれるかどうかを事前に確認しておきましょう。次の点はかならず確認しましょう。
・就職・転職活動をする資金は大丈夫か
・家族の負担が増える要素はないか

4.転職活動のスケジュールを立てる

自分のやりたいこと、家族の理解など転職の条件が揃えば、次は具体的な転職活動スケジュールを立てる必要があります。いつまでに転職するかをいう目標がないと、ついだらだらと時間を浪費し、次第に転職意欲も希薄になってしまします。

5.中高年の市場価値の把握

就職・転職活動に当たっては、採用する側の企業が応募者に何を期待しているか、収入の相場はいくらかなど自分の市場価値を知っておく必要があります。
前職の地位や給与額にこだわってはいけません。
自分の市場価値を知り、給与の高低よりも、自分の希望する仕事内容かどうかを重視してください。

(1) 中高年に求められるスキルの把握

自分のスキルの棚卸しがすんだら、次にどのスキルが市場価値が高いかを調べ、どのスキルで就職・転職活動に望むかを決めることになります。
年齢が高くなっても重宝されるスキルがあれば就職・転職に成功する可能性が高くなります。

(2) 管理能力よりも実務能力を求められる

企業が中高年を採用する目的は、自社社員より安い賃金で雇えるからです。特定の分野の知識・経験が豊富な中高年は即戦力として貢献してもらえます。
しかし、責任ある立場をまかせるために採用するわけではありません。そのため、補助的な立場になります。なぜなら、責任ある立場をまかせる人材は社内にいるからです。
中高年の方が就職・転職する場合は、企業が中高年に求める条件を受け入れる心が必要になります。

(3) ゼネラリストは求められていない

前の会社で何十人の部下を統率していましたとか、いろんな部署を経験し広い分野の知識・経験を持っていますといった何でもできますという人材は求められていません。会社が変われば当然仕事の内容が変わります。前の会社のゼネラリストは新しい会社のゼネラリストには成りえません。
中高年に求められるのはスペシャリストとしての能力です。前項の繰り返しになりますが、ゼネラリストは社内にいるからです。
即戦力となるスペシャリストが求められていることを十分理解しておきましょう。

(4) 50歳が分岐点

中途採用を行う多くの企業は、50歳未満は新しい仕事に挑戦できる人材と考えますが、50歳以上はそれまでの社会人経験で身に付けた知識・技能を活用する人材と考えます。
中高年の就職・転職活動に当たっては、この企業の考え方を理解しておく必要があります。

(5) 特別なスキルを持つ人以外の収入は月額20~30万円

中高年の多くの求人情報を見ると分かりますが、収入は大部分が月額20万円から30万円の範囲に入ります。特別の資格や経験を持つ人の場合は別ですが、一般の人の収入の範囲を知った上で就職・転職活動をすることが重要です。

(6) 中堅、中小企業の募集が大部分

大企業でも中途採用を行っていますが、特殊な職種を除くと、おおむね35歳くらいまでです。
このため、中高年の就職・転職はほとんどが中堅、中小企業を対象としたものとなります。

(7) 企業が持つ中高年採用の不安

企業が中高年を採用する時には以下のような不安を持っています。企業側の不安をよく知り、自分はそれを克服できる人物であることを認めてもらわなければ就職・転職には成功できません。
・新しい仕事に挑戦する意欲が無い
・新しい情報や技術を学ぶ努力をしない
・過去の成功体験を基に現在の仕事をしようとする
・周囲との年齢のバランスが取れない
・体力に個人差がある
・作業能率が低下する
・対人関係で協調性が無い

6.転職のタイミングは?

転職する時期を決めることも大事です。転職時期を決める要素もいくつかあります。
以下に考慮すべき要素をいくつか例示します。
・自分のキャリアプランをどう築いていくか
・転職したい業界の求人状況はどうか

7.転職先の会社を研究する

転職先に求める条件が決まれば、次は転職先候補の会社を十分に研究する必要があります。
会社情報をしるための情報源の例を紹介します。
・四季報
・企業の会社案内
・企業のホームページ
・口コミ

以下に会社の詳細を知るための重要な情報について幾つか例示します。
・取り扱い事業内容、主要商品
・企業系列、業界での地位
・最近の業績、収支状況
・従業員の平均年齢、平均給与

8.仕事決定のための意識改革

自己のスキルを分析し、中高年の市場価値を知ったら、いよいよ仕事探しです。ここで重要なのは、自分のやりたい仕事を探すというスタンスではなかなか採用には結び付きません。
そのため、仕事探しに当たっては自己の意識改革が先決です。意識改革なくして中高年の就職・転職に成功は期待できません。

(1) 過去の栄光は捨てる

自分は今まで何十人もの部下を持つ立場にいたとか、多額の支出の決裁権限を持っていたといった過去の栄光を引きずっていては就職・転職に成功できません。部下がいなくても、何の権限も無くても良いという気持ちになる必要があります。

(2) 正社員にこだわらない

中高年層では、働いている人の4割しか正社員はいません。6割は、派遣社員、アルバイト・パート、契約社員などです。正社員にこだわっていては、なかなか就職・転職に成功しません。正社員以外の働き方の長所を知り、自分の生き方や暮らし方に会う働き方を選ぶことが重要です。

(3) 仕事することを楽しむ

30代までは収入のため、自己実現のため、がむしゃらに働いてきた人でも中高年になれば”仕事することを楽しむ”という意識改革が大事です。
補助的な仕事でも、収入が少なくても気にしないで、仕事をしていることに喜びを感じるようになれれば簡単に就職・転職に成功します。

(4) 若い人に自分の仕事ぶりを見てもらう

中高年の仕事感と若者の仕事感は当然違います。どちらが正しいか判定することはできません。中高年には長年培ってきた仕事感があります。それを若者に見てもらって参考にしてもらえれば嬉しいという気持ちを持ちましょう。

(5) 底辺の仕事を体験してみる

前の会社で恵まれたコースを歩んできた人が意識改革をするために、時間的余裕があれば、一度社会の底辺を支えている3K(きつい、きたない、きけん)と呼ばれるような仕事を3ヶ月でも半年でも体験することをお勧めします。
 
私もこういう仕事を半年ほど経験しましたが、収入を得るためにやらざるを得ないと思えばつらくはありません。また、どんな仕事でも自分の全能力を必要とすることが分かり、仕事に貴賎の無いことが分かります。意識改革には効果の大きい体験になるでしょう。

9.就職・転職活動の必需品

就職・転職活動を能率的に行うために是非そろえておきたい物があります。以下にそのいくつかを紹介します。
 

(1) パソコン・プリンター

履歴書、職務経歴書、カバーレターの作成などに必要です。

(2) パソコンのメールアドレス

インターネットを利用する就職・転職活動ではメールが連絡手段です。

(3) 携帯電話

就業中の方の就職・転職活動では携帯電話が通話手段になります。
 

(4) 有給休暇

面接は通常平日の昼間に行われます。会社を休む必要があります。
 
詳細は、当サイトの「就業に必要な品々」を参照してください。
参考図書・参考サイト
・再就職・仕事の見つけ方ガイド(小島郁夫著 ぱる出版)
・中高年再就職完全マニュアル(平山俊三著 学陽出版)
・35歳・45歳・55歳のためのゼッタイ就職できる本(山本靖雄/板橋征二著 東洋経済新報社)
・50歳からの転職(新事業創造育成実務集団著 アスカ)
・がんばる中高年実践就職塾(小島貴子/東海左由留著 メディアファクトリー)
・定年後の仕事選び(編者/発行所 日本経済新聞社)

You may also like

Post A Comment

Your email address will not be published.