履歴書作成ノウハウ

目に留まる添え状(カバーレター)ちょっとした工夫でライバルとの差別化を図る

By

企業に直接応募する場合は、その企業の人事担当の方へ応募書類を送付します。このとき履歴書と職務経歴書だけを送付するのではなく、添え状(送付状又はカバーレター)を必ず付けます。添え状が無いだけで書類審査に不合格になることもあります。
 
書類を送付するのですから、その趣旨(何のために、何を送付し、どうしてほしいのか)を簡潔に説明するのが礼儀です。
1.添え状の内容
「添え状」とは、採用担当の方宛に履歴書と職務経歴書を送付する際、その趣旨を書いて添える手紙と言えます。ここで重要なことは、応募書類の中で人事担当者が最初に目にするのが添え状だということです。
 
添え状には次のようなことを簡潔に(A4で1枚以内に)記載します。
・応募のきっかけ(ハローワークで紹介された、インターネットの求人を見た、など)
・簡単な職歴と現在の立場
・応募の動機
・仕事に対する心意気
・配慮いただけるよう依頼
・同封している書類一覧
2.添え状の要点
形式的と思われる添え状の中に人事担当者の目を引き付ける言葉を入れることによって次の履歴書と職務経歴書を見てみようという気になってもらえます。
 
人事担当者を引き付ける言葉は応募する職種によってさまざまですが、例えば次のような内容を添え状に「さりげなく」入れておきましょう。
・自分にはどういう能力があり、その能力を活かして貴社に貢献したい
・「和を持って尊しとなす」が座右の銘で、職場の人間関係を大事にしてきた
・山登りが趣味で、月に○回は近くの山を歩いており体力には自身がある
・長年パソコンを使う仕事をしてきており、パソコン操作は十分なスキルがある
3.添え状を書くための情報収集
人事担当者の目を引くための添え状を書くためには事前にその会社の主要な商品や業界の状況を勉強する必要があります。
 
応募する仕事のキーポイントを理解して「この人は仕事の内容をよく理解している」と思ってもらえる添え状を書くことが書類審査合格につながります。
4.添え状の形式
添え状はあくまで公式な書状ですから、それなりの体裁を整え正しい用語を使用するよう注意しましょう。
 
以下に基本的な事項の例を示します。
頭語と結語を入れる 「拝啓 ~ 敬具」が一般的です。
 
前文を入れる ・「○○の候、貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます」など。
 
末文を入れる ・「恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします。」など
 
用語 ・あて先には「様」を使い、「殿」は使わない。
 ※一般的に「殿」は目下の人に使います。
 
5.一般的な留意事項
・誤字、脱字、修正(修正液、二重消線)を無くす
・作成日は提出日に合わす(古い日付で出さない)
・日付の元号、西暦を統一する
・専門用語はなるべく使わない(使う場合は意味の補足説明をする)
・用紙はよごれの無い上質のものを使う
参考図書・参考サイト
・35歳・45歳・55歳のためのゼッタイ就職できる本(山本靖雄/板橋征二著
 東洋経済新報社)
・がんばる中高年実践就職塾(小島貴子/東海左由留著 メディアファクトリー)
・履歴書・職務経歴書・添え状の書き方-絶対採用される!(オアシスインタ
 ーナショナル著 フォレスト出版)

You may also like

Post A Comment

Your email address will not be published.