履歴書作成ノウハウ

魅力的な「職務経歴書」の書き方。採用したくなる職務経歴書

By

応募書類(履歴書、職務経歴書、添え状)の中で一番重要な書類が職務経歴書です。そのため職務経歴書作成には自分をアピールするための工夫をすることが重要です。
 
「魅力的職務経歴書作成」のノウハウを知るためのオススメ・サイトは次のとおりです。
・はたらいく>仕事探しのノウハウ:職務経歴書の書き方
・メガ転職サイト「シゴト.in」>【転職サポート】タブ>職務経歴書の書き方
1.職務経歴書の形式
職務経歴書の形式には主に次の二つがあり、それぞれの特徴があります。
形 式 特  徴
時系列式
(編年体式) 経歴を古い順(又は新しい順)に記載します。
同じ職種を長く経験した方が年数を経るに従って経験・知識を深めていったことを示すような場合に向いています。
 
キャリア式 類似する職務内容ごとにまとめて記載します。
多くの職種を経験した方がそれぞれの職種の習熟度をアピールする場合に向いています。
 
「職務経歴書の形式別の書き方・サンプル」は次のサイトで参照できます。
・メガ転職サイト「シゴト.in」>【転職サポート】タブ>職務経歴書の書き方
2.職務経歴書の様式
職務経歴書には決まった様式はありません。そのため、自分をどうアピールするかを考え、自分に合った様式を工夫することが重要です。
 
基本的な共通事項は次のようになります。
・A4縦の用紙に横書きにする
・2~3枚程度にまとめる
・タイトル(「職務経歴書」)の次に氏名と連絡先を記載する
「職務経歴書の様式」を知るには次のサイトがお勧めです。
・メガ転職サイト「シゴト.in」>【転職サポート】タブ>職務経歴書の書き方
3.職務経歴書の内容
採用担当者が応募者の技術や能力を判断するのは職務経歴書です。そのため、「職務経歴書で自分をアピール」します。
 
次のような点を通して、自分の能力と人物をアピールします。
・業績(できれば数値で)と業績を上げるために工夫した点
・会社の業務改善、業績向上に貢献した実績
・仕事を通じて習得したスキル、考え方
・これまで蓄積した経験・知識で応募する会社に貢献したいこと
・前の会社の退職理由(明確かつ前向きに)
「自己PRの書き方」について知るには次のサイトがお勧めです。
・はたらいく>仕事探しのノウハウ:職務経歴書の書き方
・メガ転職サイト「シゴト.in」>【転職サポート】タブ>職務経歴書の書き方
4.仕事に取り組む姿勢と実績でアピールする
職務経歴書には企業名、所属部署名、職務内容などを羅列するだけでなく、その仕事に取り組む時の考え方や姿勢、成果を記載し、仕事に情熱を持って取り組んできたことをアピールします。
 
ここで重要なことは、仕事をしていた当時の考え方や姿勢を正確に書くのではありません。これから応募しようとしている仕事の内容を理解し、その仕事に通じる考え方や姿勢でこれまでの仕事に取り組んできたというように「応募業務に関連付けて記載」するが重要です。
5.職務経歴書作成上の留意点
(1) 職務経歴書は直近の5年しか見てもらえない
中高年になると、当然のことながら就業経験は30年前後になります。しかし、「採用担当者は直近の5年間の経歴を重要視」します。特に専門職種になるとこの傾向は強くなります。そのため、新入社員時代から直近までの経歴を漫然と羅列するだけではアピールできません。
 
応募した仕事に自分がいかに向いているかを「直近5年の経歴でアピール」します。直近の経歴ほど充実した内容の職務経歴書を作成することが重要です。そのためには、応募会社に役に立たない経験は間単にまとめるか割愛する工夫も必要です。
(2) 応募職種によっては過去の成果をアピールしない
当サイトの「仕事探しに当たって」にも記載していますが、採用側が中高年に求めるのは「補助的な仕事の即戦力」という立場がほとんどです。
 
このため、職務経歴書に「組織の長として部下を何名持っていた」とか、「優れた業績を残した」とか、過去の成功体験をアピールしすぎると採用側は募集しているポストには向いていないのではないかと躊躇します。
 
こういう場合は、過去の成功体験は補助的な情報ととらえ、次の点をアピールし、どんな職場でも適応できることを説明する方が成功につながります。
・現在の心境はどのようなポストでも楽しんで仕事ができる
・若い人たち(特に自分より若い上司)とも仲良く仕事ができる
・若い人たちの見本になれる
(3) 職務経歴書の書き方
「職務経歴書の書き方」の具体例について知るには次のサイトがお勧めです。
・はたらいく>仕事探しのノウハウ:職務経歴書の書き方
・メガ転職サイト「シゴト.in」>【転職サポート】タブ>職務経歴書の書き方
・メガ転職サイト「シゴト.in」>【転職サポート】タブ>職務経歴書の書き方
6.専門家の添削例を参考にする
人事担当者の目を引き付ける魅力的な応募書類を作成するには、一度専門家に自分の作成した応募書類を診断してもらうのが最適です。
 
職務経歴書の添削の事例を参考にして、よりアピールできる職務経歴書の書き方を勉強することをお勧めします。
7.職務経歴書の作成支援
人事担当者の注目を得るような履歴書、職務経歴書をいきなり作成するのはかなり難しい作業です。簡単に魅力的な履歴書、職務経歴書を作成するには「転職支援サイトの利用」をお勧めします。
(1) 職務経歴書の作成指導(無料)
次のサイトで「職務経歴書の作成指導」を受けることができます。
・【はたらいく】 「地元ではたらく」、「地元で暮らす」仕事情報!
・【パソナキャリア】 パソナキャリアグループの転職情報、求人情報サイト!
(2) 職務経歴書サンプル・ダウンロード(無料)
次のサイトで「職務経歴書のサンプル・ダウンロード」ができます。
・メガ転職サイト「シゴト.in」>【転職サポート】タブ>職務経歴書の書き方
(3) 業界・職種別の職務経歴書の書き方
次のサイトで「業界・職種別の職務経歴書の書き方」を説明しています。
・メガ転職サイト「シゴト.in」>【転職サポート】タブ>職務経歴書の書き方>
               業界別のサンプルのダウンロード
8.一般的な留意事項
・誤字、脱字、修正(修正液、二重消線)を無くす
・作成日は提出日に合わす(古い日付で出さない)
・日付の元号、西暦を統一する
・専門用語はなるべく使わない(使う場合は意味の補足説明をする)
・用紙はよごれの無い上質なものを使う
「職務経歴書作成上の一般的な注意事項」を知るには次のサイトがお勧めです。
・はたらいく>仕事探しのノウハウ:職務経歴書の書き方
・メガ転職サイト「シゴト.in」>【転職サポート】タブ>職務経歴書の書き方
参考図書・参考サイト
・再就職・仕事の見つけ方ガイド(小島郁夫著 ぱる出版)
・中高年再就職完全マニュアル(平山俊三著 学陽出版)
・35歳・45歳・55歳のためのゼッタイ就職できる本(山本靖雄/板橋征二著
 東洋経済新報社)
・50歳からの転職(新事業創造育成実務集団著 アスカ)
・がんばる中高年実践就職塾(小島貴子/東海左由留著 メディアファクトリー)
・採用される履歴書・職務経歴書はこう書く<実例付き>(小島美津子著
 日本実業出版社)
・履歴書・職務経歴書・添え状の書き方-絶対採用される!(オアシスインタ
 ーナショナル著 フォレスト出版)
・インターネットですぐ転職!―ホントにやりたい仕事に必ず就ける(谷所 健一
 郎著 すばる舎)
 
・はたらいく>仕事探しのノウハウ:職務経歴書の書き方
・メガ転職サイト「シゴト.in」>【転職サポート】タブ>職務経歴書の書き方

You may also like

Post A Comment

Your email address will not be published.